本-レビュー

1%の努力 著者:ひろゆき(西村博之)

第11巻

 

どうもしゅんまるです!

 

試行錯誤中です…

 

という事で第11巻目は、「1%の努力」です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1%の努力【電子書籍】[ ひろゆき ]
価格:1485円 (2020/4/26時点)

 

まだまだ最近発売されたばかりの新刊ですね もう話題沸騰しています!

 

なんたって、あの「ひろゆき」さんの本という事なので話題になりますよね✨

 

ネットTVで見ている印象だとかなり尖っていて、かなり天才肌な感じに見えていたんですが本を読んでみるとかなり「なまけもの」なんですね

 

でも「なまけもの」故の技がこの本にはすごく詰まっていました

 

まだ若い方には参考にしてほしいし、中堅の方なら改めて仕事の仕方を考えるいいきっかけになるんではないでしょうか?

 

 

それではいきましょう!!

 

 

はじめに

 

要約するならば

「1%の努力をして99%の成果、結果を出すような働き方ができるように考えていく」といったことでしょうか

 

タイトルだけでみるとものすごく庶民にはバカにされたようなタイトルで、とっつきにくく感じるんですが読み進めていくと納得できるような内容になっていますのでおススメです!

 

気になる点

 

今回は目次の前のプロローグでいい言葉がいっぱい載っていたのでまずそこから紹介したいと思います

 

「働かないアリになれ」、「サボる才能」を養え、2時間でできる事を1時間で終わらせて1時間余らせること 30分で終わらせられないか?と考え続ける事

努力で何とかなると思っている人は甘い 努力で何とかしようとしている人は「やり方」を変えない

ではどうやってやり方を変えようか

その「考え方」の「考え方」を考えよう

 

 

とありました

 

つまり

体ばかり動かして、頭で行動することを忘れてしまうとずっと一生同じことの繰り返しで終わるそうならない為にも「考え方」の「考え方」をこの本を通して考えてくれ 

という事なんだと思いました

 

僕も主任になる前はずっと現場で体を動かして仕事をしていれば考えなくていいから楽だと思っていました

 

ところが、頭を使わないとやっぱり稼げないのです

それは独立しようが、企業で仕事しようが一緒です

代わりがきく人材なのです だから賃金が低いのは当然なのです

 

これは本当に感じましたね

 

CHAPTER1.前提条件

f:id:shunmaru12:20200320235544j:plain

 

 

「感覚的にできる」という事が大事 

偏見や違和感を楽しめる思考や目の前の事を楽しめるスキルは長い人生でもきっと役に立つはずだ

とあります

人の価値観は人それぞれなのでいちいち腹をたてたりしない方がいいという事ですね

 

「最底辺=ヤバい」を考えておけ

「自分はどうなったらヤバいと感じるのか?」 考え方次第で楽になる事はスキルとして持っておくべきだそうです

 

「幸運の女神の前髪」という話がある

幸運の女神には後ろ髪がついていないから通り過ぎたら捕まえることができない

 

だから「ヒマ」は全力で作っておいた方がいい 時間は余るもんじゃない 作り出すものだ、と。

少なくとも片手は空けておかないと急なチャンスに掴むことはできないと書いてあります

 

目の前のことばかりに目を向けすぎていて思考停止状態になっていては広い視野で見れなくなるので乗り遅れるぞという事なんでしょう

まさに「片手間」で仕事をしていないと自分を見失いかねないということでしょうか

 

CHAPTER2.優先順位

 

 

f:id:shunmaru12:20200320235651j:plain

自分にとっての1番大事なもの

常にそれを問いかけてみよう そしてできれば言語化して人に伝えておくのがいい

 

これは例えば「家族」が優先順位の1番に来るのなら「家族」の事で何かあるなら仕事すらほっぽりだしてそっちに行きますと宣言しといた方がいいという事です

 

そうすれば周りから救いの手が来るようになるかもしれない そういう人だと認識されているから驚かれないなどのメリットがあるよーということでしょう

 

「仕事をゲーム感覚でやる」

最小の努力、最短で結果を出すことをする

いかに自分の給料以上の得をするかしか考えない

 

これは責任感の問題ではなく

仕事を楽しく、クリアーする感覚でやりなさいという事だと思います

責任感もゲーム感覚でやっていたら「やばい」ですよね?

そこはリスペクトの意味を含めて「いい」んですね!!

 

「ゲーム感覚で仕事する」こちら↓

 

www.shunmaru12.me

 

自分にとって何がストレス

言われて嫌なのはもちろん言い返す方がストレスだと感じるのであればやり過ごす

自分は言い返す方がストレスなんだと思うなら言い返さないようにすればいい

 

自分は後者ですね!言われて嫌な気持ちになるんですが、それを言い返してまた言い合いになるのがめんどくさいというか、別に言い合いをしたいわけじゃないというか…

まぁ人それぞれなのでなんとも言えませんが、言い合いうというのは時間のムダですねw

 

CHAPTER3.ニーズと価値

 

f:id:shunmaru12:20200320235003j:plain

他人と違うところを探れ

好きな事を仕事にしないでできる事を仕事にする

ポジション=第三者的なところを探れないか?

例えば、店長のような立場だったら現場の仕事で知らない部分がないかを考えてみる

 

「いつだって発信者は強い」

人の意見ばかり聞いて誰でもできることに手を挙げていてはいけない

そこでアピールする人は99%の努力で解決する人

 

これは結局努力の仕方だと思うんです 体を動かしてなんとかなるだろうと思っている人はこの先も変わることはないという事です

頭を動かして、人を動かせましょう

 

「逆張りで考えられかどうか?」

ちょっと違う視点からモノが言えれば一気に抜きん出られるかもしれない

 

これも頭を使って考えてみる 例えば、サラリーマンでも仕事を与えられてからすぐに動き出すのではなく、ちょっと立ち止まって考えてみる

そんなことがクセになると頭を使って人より抜きん出ることができるかもしれませんね

 

逆張りの考え方に関する記事はこちら↓

www.shunmaru12.me

 

CHAPTER4.努力

 

自分のキャラを考えて「いい人」として生きていくのも「1%の努力」なのかもしれない

自分のタイプにあった働き方を見つけよう 働き者か、そうでないのか

どちらの道があってもいい

 

ということです そこが自分にとっての「逆張り」の考え方、生き方なんだと思ったらそこの道に突き進んでみるのもいいんではないでしょうか

僕は主任の前はとにかく仕事を覚えたかったので、なんでも仕事を引き受けました

いわゆる「いい人」のポジションでした

でも主任になってからは「いい人」ポジションでは仕事は回せないのでやめました

このように立場によって変えてみるのもいいのかもしれませんね

 

仕事に「試行錯誤」を入れてみる

論理的な反省ができるかどうかで退屈な仕事もゲームに変わる

「今日はどんな実験をしてみようかな?」と

 

たしかに僕も仕事は楽しむものだと思っています 僕は昨日うまく直せなかった設備の不具合などは「今日はここを触ってみよう、それがダメならここかな?」など実験要素も入れて、「1日1改善」をモットーにしていました

そうやって地道に1日1日進んでいく事が大きな成果につながるのだと思います

 

世の中すべて「ネタ」だ

失敗も成功も挑戦も堕落も…後に笑い話になるようなエピソードを持つ

 

なんでもやってみよう!失敗したらそれが「ネタ」だ!挑戦したらそれが「ネタ」だ!

先輩というのはこうした経験があるから後輩に教えられるもんだと思う

こうした「ネタ」をうまく使わない手はないと思う 話の「ネタ」にして教えを乞う、取り入れる、友達を作る、人間関係を築く

そうやってつなげていけばいい

 

全体のまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

僕はひろゆきさんの考え方が垣間見えたと思いました

非常に賢い方なんだと思います 「頭がいい」とはまた違った頭の使い方をされていますね

ちなみにこの本の最後には「ひろゆき・全思考のまとめ」として本の中の言葉でまとめをしているコーナーがあります

ここだけ読んでもほぼ理解できるようになっているという時短読書法が載っています

 

ぜひここだけとは言わず全部読んでみてくださいw

 

 

 ちなみに

僕は最近になって本を読むようになりました

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています

 

 

では、またお会いしましょう!

しゅんまるでした!!

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

-, 本-レビュー

© 2020 びずチャンネル Powered by AFFINGER5