BizChannel.

「WING(AFFINGER5)」

公式ページへ

このサイトのテーマ

ニュース

【Twitter、引用リツイート推奨を本格スタート】なぜ「リツイート」が話題になっているのか?調べてみました!

 

こんにちは、しゅんまるです!

 

「Twitterが『リツイート』より『引用ツイート』を優先する仕様変更、10月20日から」

という記事がでました。

 

この記事を見た時にあなたはどう思いましたか?

 

はてな

引用リツイートを推奨とはどういうことなのか?

いったい何が問題でそうなったのか?

 

いろいろ疑問が湧いたかと思いますので、ちょっと調べてみましょう!

 

ツイッターのリツイートとは?

「ツイッターとは」わかると思いますが、一応補足します。

「Twitter」社が行っているサービス、SNSの「ツイッター」のことです。

 

そのSNSの「ツイッター」の機能で「リツイート」という機能があります。

「リツイート」とは

他人が投稿した記事を転載できる機能です。

簡単な操作で感覚的にでできてしまいます。

 

今回の変更の理由は

11月3日に行われる米大統領選挙に合わせた施策として変更するみたいですが

「簡単にリツイートできてしまう」ところが

問題になっているみたいです。

 

現状のやり方

 

現状のやり方は、例えばこのような画面があると

〇で囲んだこのマークが「リツイート」になります。

 

このマークをクリックすれば、簡単に自分のフォロワー達にも拡散できるという仕様になっています。

 

変更後のやり方

↑そのまま入力せずに「リツイートボタン」を押せば「リツイート」される

 

ところが今回の変更によって

上のマークをクリックしても、一旦「引用リツイート」の画面が出て

そのままコメントを入力せずに送信すれば「リツイート」として発信されるみたいです。

→Twitter、引用リツイート推奨を本格スタート 米大統領選に合わせた一時的措置

 

「リツイート問題」についての歴史

 

前述しましたが、

じゃあなんで「簡単にリツイートできてしまう」ことが問題になっているのか?

 

というところなんですが、その理由は

フェイクニュースや無断転用、人権を無視した誹謗中傷が

簡単に拡散されてしまい、それによって名誉棄損などに発展している事案があるからだと見えます。

 

最近だと記憶に新しいのは「木村花さん」のことでしょうか…

→女子プロレスラーの木村花選手、22歳で死去 SNSで中傷されていたと示唆

 

「無許可でリツイートやめてください」

 

実はこれまでにも「リツイートをする」ことに対して問題になった歴史があります。

 

ひとつは

「無許可でリツイートやめてください」問題です。

 

2017年9月16日、

とある『Twitter』ユーザーが他のユーザーに対して

「無許可RTやめてください」という趣旨のツイートを行う。

というニュースが流れたそうです。

 

その時は賛否両論あり流れたみたいなんですが、

未だに『Twitter』等のSNS上でのマナーについていろいろと議論がなされているみたいです。

→「無許可RTやめてください」というツイートが話題に ロンブー淳さんは「そんな奴Twitterやるなよw 」

 

「リツイートで訴訟」

 

ふたつめは、

「リツイートで訴訟」問題です。

 

一部のリツイートを巡り、法的責任を問うケースが相次いでいる。

元大阪府知事の橋下徹氏がジャーナリストを相手取った訴訟では

大阪高裁が6月、2019年9月の一審に続き名誉毀損(きそん)を認定。

高裁は「経緯や動機を問わず、リツイート主は投稿の責任を負う」と具体的に明示した。

専門家は「安易な情報拡散に警鐘を鳴らす判断だ」とする。

 

SNSという顔の見えない、匿名の場だからといってあなどってしまい、

簡単に誹謗中傷の投稿を支持してしまった結果だと見えます。

 

ネットで起こった論争だからといってなめていると、訴訟にまで発展してしまう

ことを覚えておかねばなりませんね。

→その「リツイート」大丈夫? 削除済み、炎上なしでも名誉毀損に 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめますと、

 

  • 今回の仕様変更は「11月3日に行われる米大統領選挙」に合わせた施策である
  • 「リツイート」が簡単にできてしまうことが問題視されている
  • フェイクニュースや無断転載、誹謗中傷が拡散されてしまうため
    過去にも「リツイート」をめぐって問題になっている
  • 「リツイート」から訴訟にまで発展している事例もある

 

今回のように仕様から変更して対策することも大事かもしれませんが、

使う側も「拡散」されることのメリットとデメリットを考えて

気を付けていかないといけないと思いました。

 

それでは今回はこの辺で、

しゅんまるでした!

 

ニュースの関連記事

→【話題】神奈川県異臭騒ぎはほんとに「大地震」の前触れなのか?

→【池袋暴走事件】トヨタ「プリウス」の異常について、実は…真相はわかっている?!もみ消し?!

→【コロナ】フランス 非常事態宣言!日本で「第3波」はもうすぐ近くまで来ている!!

→【厚生労働省、カスハラ対応マニュアルを策定へ】「カスハラ」ってわかりますか??

→【逃げ恥続編決定!】気になるところを徹底調査!!

 

びずチャンネル - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-ニュース

© 2020 Powered by AFFINGER5