ブログ

【初心者向け】「ブログを書くということ」~④書き方編~

書き方

 

こんにちは、しゅんまるです

 

第4回目は「④書き方」です

 

 

①ブログをやる理由

②ブログをはじめる

③テーマ選び

④書き方

⑤SEO対策

⑥本を読む意味

⑦続けるモチベーションの保ち方

 

 

さて、ここまで進めてきて質問などないでしょうか?

 

僕は専門家じゃありませんが、体験談を交えてお答えできることならしていきたいと思いますので「ここをもっと詳しく!」などありましたら連絡ください

 

今回は「書き方」というテーマでご紹介したいと思います

それでは早速いきましょう

 

【初心者向け】④文章の書き方編

 

③テーマ選びでブログを書くテーマが決まったかと思います

 

  じゃあこれからガンガン書いていこう!!
ブログ初心者
しゅんまる
ちょっと待ってください!いきなり書きだすのはNGです

 

あなたは文章を書くの得意でしょうか?

多くの方はどっからどう書いていけばいいかわからないと思います

 

初心者の悩み

 

・タイトルってどうやって決めるの?

・どんな構成で書けばいい?

・書評の書き出しはどうやって書けばいい?

・テーマは一体何から決めればいい?

 

 

いろいろ見えてくるものがあると思います

それを今回解説していきたいと思います

 

【ブログの書き方のコツ】「書きたいことを書く」はダメ

 

ここでも最初に結論を言ってしまいますが、「読み手に優しい記事を書くこと」です

 

正直、最初の内は思ったまま書き殴っていけば良いと思います

 

しかし、もしあなたがその記事の読者だったら…?とちょっと考えてみてほしいのです

 

注意ポイント

・文章が詰められた小論文のような記事

・だらだらと結論がない記事

・批判、中傷の多い記事

 

このような記事を見たときあなたはどう思いますか?あまり印象は良くないと思いますよね。

 

そうならないためにも多少は「書くコツ」を知っておきましょう

 

ブログの書き方のコツ①「PREP法」

 

「結論」を先に書きましょう

小説を書くときや、感想文を書くときのような書き方と少し違うのが「webライティング」と言われる書き方です

 

要するに、「ネットで読む時の書き方」いうことです。

 

そこで使われるのが「PREP法」と言われる手法

この手法は数々のブロガーやインフエンサーの方が実践しているので間違いないでしょう

 

PREP法とは

「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」

の順番で話を展開するフレームワークのことです

 

過去の記事でも紹介しました

【言語化力】から学ぶ、思考を言語化して人生を変えろ!人の心に刺さる言葉の考え方

続きを見る

 

PREP法を使った例

本を読むときは好きな読み方で読んでもいいでしょう(結論)

 

なぜなら、「速読」、「遅読」、「飛ばし読み」などいろんな技術がありますが、個々にあった方法が最初はわからないからです(理由)

 

たとえば、これから「英語学習」をはじめようとしているとします。でも最初から本の目次を見て「ここは意味がないやり方だな…」なんてわからないからです(具体例)

 

なので、最初はどんなやり方でもいいのでとにかく「読書」をしましょう!(結論)

 

というような順番で道筋を立てて書いていきます。特徴的なのは「はじめに結論がくる」ことです

 

とにかく最初に結論を言ってあげることで、惹きつける効果もあります

 

んっ?!どういうことだ?

と読者が思ったら勝ちです!そのまま読者は読み進めてくれるでしょう!

 

ところが、この順番が逆だったらどうでしょう?

ふんふん…なるほど。で、結論はなんだよ?!

ってなりません?

 

その時は読んでくれるかもしれませんが、読み進めようとはしません

 

なのでこの手法を使って、読者に「早く結論を知ってもらう」ことで良い記事として認識してもらえます

 

ブログの書き方のコツ②「なだもだ」

 

この手法は小論文を書くときの手法として紹介されていたそうなんですが、

記事構成を考える上で非常に使えそうなので紹介します

 

「なたもだ法」とは

「な:なぜ」 

「た:例えば」

「も:もし」

「だ:だから」

という頭文字を取ったフレームワークです

 

この順番で構成して書いていけば話の流れがスムーズになります

 

知識としての「SEO」

 

さて、書き方は理解できたかと思います

 

ブログ運営に関して「SEO」についても知識として知っておかなければなりません。

 

検索されるためのキーワード、見出しのSEO対策を知る

 

「SEO」とは「検索エンジン最適化」のこと

Googleなどの「検索サイト」で検索されたときに自分のサイトが一番表示されるようにするための対策のことを言います

 

なぜ「SEO」を知っておかないとダメなのか?それは検索されることによって読者が記事を読むからです

 

そのために検索されるための知識として知っておくべきなのです。

 

「キーワード選定」「SEOに強い見出しづくり」などSEOをすることによって検索されることが増えて、記事を読まれるようになります。

 

キーワード検索サイト「ラッコキーワード」などを使用して

キーワードにこだわった記事を書いていけば検索アクセスも増えていくかと思います。

 

まずは「記事を書く」筋肉をつけるようにしましょう!

 

Googleの「E-A-T」

 

Googleは「E-A-T」という評価の基準を設けています

これはGoogle側が公式に言及しているものなので間違いありません

 

「E-A-T」とは、

Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のぞれぞれ頭文字をとって省略した呼び方となります。

 

つまり「記事はユーザーファーストで書かれているのが前提」ということ

 

今、検索エンジンの使用率はGoogleで「7割」以上を占めています

 

検索表

引用元: Desktop Search Engine Market Share Japan | StatCounter Global Stats

 

日本国内の検索エンジンのシェア(PC)は、

Google が 76%、Yahoo! が 15%、Bing が 8% 

なのでGoogleから検索されることがよく読まれるための条件になってきます

 

SEOの基本は大事。でも…?

 

「お気に入り」で読まれる時代へ

「SEO」関連の話をしてきましたが、なぜ知識としてでいいのか?というと「これからはSNSの時代だ」と言われているからなのです

 

もちろん検索されることが無くなるわけではありません。

でもこれからは「拡散力」や「影響力」を持った人間が強いと言われています

 

100人に検索されるよりも、SNSで1000人のフォロワーを持っている人が拡散した方が読まれる数が多くなります

 

これからは「個人の影響力の強さ」が重視される時代になってくるため、あまり「SEO対策」に力を入れすぎなくてもいいということです

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「④書き方」について解説しました

 

書き方といいつつSEO関連の話も入れてしまいましたが、次回の記事で「これだけはしておいて間違いない!」と言われることを解説したいと思います

 

次回は「⑤SEO対策」です

-ブログ

© 2021 しゅんまるブログ Powered by AFFINGER5