本-レビュー

成功できない理由はどこにもない!ビジネスで使える5つの成功の考え方

 

f:id:shunmaru12:20200601230934j:plain

 

 

こんばんは!しゅんまるです。今年になって副業をはじめた方はいらっしゃいますか?

 

僕は今年になってブログをはじめました

巷でコロナが流行り出す前にはじめたわけなんですが

 

最近だとコロナショックで会社自粛などにより

「時間はあるけど、お金がない」

なんて状態におちいっている方が結構多いんじゃないでしょうか?

 

そこで「副業」をはじめようとする方もいらっしゃるかと思います

 

「副業」にもいろいろあると思うんですが、本記事では

「ネットビジネス」

に視点を置いて解説したいと思います

 

なぜ「ネットビジネス」なのかは、のちのち説明したいと思います

 

 

この記事からわかること

◎5つの考え方で成功へのマインドがわかる

◎マインドを知って可能性を無限に

◎何でもビジネスにできる

 

 それではいきましょう

 

 

 

5つの成功の考え方

 

それでは結論からお話ししましょう!

 

5つの成功の考え方

1.今までのやり方で成功はない

2.スピードを追及しなければならない理由

3.世界のお客様

4.協力することでなんでも可能になる

5.オープン流通プラットフォームでなんでも頼める

 

 

というのが、「成功の考え方」です

 

一つずつ解説していきましょう!

 

ちなみに本記事は

ジェームス・スキナー 「史上最強のCEO」という本を参考に書かせてもらいました

 

 

本書は「経営者」向けの本になっているんですが

何にでも応用ができる考え方が書いてあります

 

この「ジェームス・スキナー」というおじいちゃんがすごいんです!!

まぁとにかくポジティブなんです!

書かれている言葉もダイナミックで、大胆です!

 

そしてこのおじいちゃんの「塾」というのがあるんですが、価格がウン十万という設定にもかかわらず、こぞって入会される方が絶えないという…

 

しかも、本の裏には著名な方からのメッセージが…

「金持ち父さん」のシャロン・レクター氏

「7つの習慣」のスティーブン・コヴィー博士などなど

 

まぁ読む前から知る人ぞ知る!みたいな感じでもう圧倒されまくりでした!

 

そんなこんなで今回は「経営者」を「ネットビジネス」をはじめる方として解説したいと思います

 

「ネットビジネス」をされる方は一人の経営者と立場的に似ているなぁと思ったのでそういう位置づけで説明したいと思います

 

1.今までのやり方で成功はない

 

f:id:shunmaru12:20200601231134j:plain

時代が移りゆき、環境が変化していくなかで

ほとんどの経営者はどうするのか?

 

それは、ほとんどの経営者は

今までの成功してきたやり方をより熱心にしようとして、失敗する

 

とあります

 

つまり、今までいかにお金を使わずに利益を出すか?を追及してきた会社は環境の変化があろうと

さらにもっとお金を使わないやり方を突き詰めていこうとして失敗するという感じなのです

 

お金を使わないことを追及するのはもちろんなんですが

古いやり方で続けていくには難しいとなったとき、もしかしたらそこで最新の仕組みだったり、ネットサービスの事業を構築するためのお金をつかわないといけないかもしれませんよね?

 

古いやり方をさらに突き詰めていくという考え方は危険なのです

 

「アウトプットの重要性」に関する記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 

2.スピードを追及しなければならない理由

 

f:id:shunmaru12:20200601231332j:plain

大昔から比べると、今は時間が圧縮されてきているというのです

人口は78億人まで膨れ上がり、物はあふれかえり、移動距離は何万キロという距離を数日間で行けるようになりました

 

となれば、情報も同じでインターネットを介したらあっという間に情報を手に入れられる

 

時代とともに何もかもスピードを要求される時代になってきたということです

 

3.世界のお客様

 

f:id:shunmaru12:20200601231434j:plain

時代とともにお客が増え続け、今では78億人がお客様になっています、と

 

買ってくれる人はいくらでもいるということであり、どんなマイナーな商品でも市場があるということを知れ!ということです

 

つまり、

困ってること=ビジネスチャンス

であり、仕事になり、稼ぐネタになるということです

 

78億人の困りごとのうち、自分が解決できると思うアイデアが0.1%しか需要がなくても約7800万人には届くことなんだということ

 

世界をフィールドにすればビジネスチャンスは無限にある

ということなんじゃないかと思います

 

4.協力することでなんでも可能になる

 

f:id:shunmaru12:20200601231536j:plain

「資材が足りない」「人手が足りない」「技術が足りない」

こういうことを言っている経営者はありえない、と「ジェームス・スキナー」おじいちゃんは言っています

 

競合する時代は終わっていて、これからはパートナーシップ、提携、合併の時代なんだ、と

 

つまり、資材が足りないなら提携しなさい

人手が足りないなら合併しなさい

技術が足りないならパートナーシップを結びなさい、という事だと思います

 

そういう道を選べば、何でもできるでしょ?ってことです

 

5.オープン流通プラットフォームでなんでも頼める

f:id:shunmaru12:20200601232109j:plain

 「自社ブランド」という概念はなくなる

自動車業界でいうと、発掘から生産までグループ会社内ですべてを完結させていた

そういった時代はもはやおわりを告げている

 

なぜなら非常に不能率だからだと、言っています

 

今やオープンな生産のプラットフォームが存在していて全然違う業種の会社が

外注すれば受けてくれる

 

しゅんまる的に解説すると、たとえば

「トヨタ自動車」にベンチャー企業が自社を象徴する車を記念に作りたい

という外注を出しても断られると思います

が、オープンな生産のプラットフォームを持っている会社に外注すれば

「はい、わかりました」という返事がもらえるだろうといったところでしょうか

 

つまり、この「オープンなプラットフォーム」が存在したことによって

「外注化」でき、何でも可能になったということですね!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめ

5つの成功の考え方

1.今までのやり方で成功はない

2.スピードを追及しなければならない理由

3.世界のお客様

4.協力することでなんでも可能になる

5.オープン流通プラットフォームでなんでも頼める

 

 を一つ一つ検証していけば、成功できない理由がない

 

ここでの一番のキモとなることは

「進化における大原則は、成功ほど失敗するものはない」ということです

 

つまり、

成功した!!→未来永劫そのまま成功し続ける

なんてありえないということなんだと思います

 

 成功したことをずっとやり続けるということは

以前にも書きましたが

「ポケベル」をずっと売り続けようとしていること

と同じだと思うんです

 

時代とともに、「PHS」→「ケータイ」→「スマホ」のように進化をしていくのです

 

その時代に乗り遅れたものはそこで脱落するしかないのです

 

そのためにも今回の「5つの成功の考え方」で常に進化し続けていくことが

成功することへつながるのかな、なんて思ったりしたところで

 

今回はこのへんで終わりたいと思います

 

あ、ちなみに

僕は最近になって本を読むようになりました

 

本を持って、触れて、ページをめくる

この手触りが僕は本当に大好きです

電子書籍ではなく、本で読んでいるのもそれが理由です

 

しかし、本のデメリットが1つだけあります

「ながら」読書ができないことですね

まぁ真剣に読むなら「ながら」するなよ!

ってところなんですが、

 

それをかなえてくれたのがこちらの「audible」です

僕は車通勤なんですが、通勤時間に40分かかっているので何か学習につなげたいな

と思っていたところに、この「audible」の存在を見つけました

 

これのいいところは車に「Bluetooth」で飛ばして聴けて、何万文字という本の内容を

「聴ける」というところです

 

声に出して読んでくれるので非常に頭に入りやすく、音読してくれる方も声優さんということで滑舌も完璧で「スッ」となじんで聴けます

 

「本は途中で飽きて読まなくなるんだよなぁ…」と思っている方も

「最近ちょっと本でも読んでみるかな」と思っていた人も

朗報です!!

 

しかも今なら、「無料」で聴けます!!

登録さえしてしまえば、1冊タダで聴けるので試しに聴いてみて、

「あぁやっぱりやめとこうかな…」と思ったら解約すればいいだけです

 

ぜひこの機会を逃さずに聴いてみてください!!

僕は通勤時にお気に入りの本を「ながら」聴きしています

 

 

では、またお会いしましょう!

しゅんまるでした!

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

-, 本-レビュー

© 2020 びずチャンネル Powered by AFFINGER5