働き方 働き方-アドバイス

【部下の信頼が欲しければ○○をやれ!】評価を上げる、信頼残高の貯め方

 

f:id:shunmaru12:20200528231916j:plain

こんばんは!しゅんまるです。あなたは部下に信頼されていると思いますか?

 

部下でも後輩でも、慕われることによってデメリットなんてありませんよね?

 

「よぉし!俺も明日から信頼されるようになるぜー!!」

 

といっても、一朝一夕で部下から信頼されることが叶うわけでもありません

 

むしろ今、極端な言い方しますと、信頼されていない人はその意気込みが逆効果になってさらに信頼されない結果になるかもしれませんよ!?

 

 

☑この記事を読んでわかること

◎部下から信頼されて仕事効率がUP

◎あなたの言葉で部下がイキイキと仕事してくれるようになる

◎多少の無茶が通るようになる?!

 

「部下からの信頼が厚い」

 

このスキルは後発的に身につけられるものだと僕自身感じているのでみなさんもこの記事を読んで是非実践していってほしいと思います 

 

それではいきましょう☝

 

 

 

なぜ信頼は無くなるのか?

 

信頼なし

「あの人は部下からの信頼がない人だ」

と言われている人、みなさんの会社で見かけたことありませんか?

 

その人はどんな人でしょうか?

 

・性格は温厚、上司からの評価は良好、でも部下に対して何も干渉しない

・性格は気性が荒い、上司からはあまりいいと思われていない、でも社員に対しての困りごとをいろいろ聞いてくれる

 

さぁ、部下から見てどちらがいい上司でしょうか?

 

当たり前ですが、後者になると思います

 

 

つまり、部下からみて信頼のない上司というのは、前者の

「部下に対して何も干渉しない」

上司ということになります

 

「部下に対して何も干渉しない」とは?

 

これの意味は

「部下が困っていることや相談したいことを聞いてほしいときに聞いてくれない人」

 

つまり

「部下に興味がない人」

です

 

例えば、僕は製造業なので

「あの人はいつも休憩所で仕事ばっかりしていて、何をしているかわからない」

「あの人は全然現場を見に来てくれない」

というような感じに思われている人のことです

 

人って、

「見てくれている」とか「大事に思われている」

と思ったらその人に対して何か恩返しをしたいと思う生き物なんですよ

 

難しい言葉でいうと

「返報性の法則」っていうんですが

 

何か人からいいことをされたら、返したくてたまらないんですよね

 

だからビジネス書などでは

「ひたすらGiveしまくれ!」

みたいな書き方をしてあるんですが…

 

まぁそれは置いといて、恋愛においても仕事においても

人からうれしいことをされたら相手にも返してあげたいと思うものなのです

 

信頼されることのメリット

 

メリット

じゃあ部下から信頼されることでどんなメリットがあるの?

というと、メリットはいろいろあると思います

 

まぁそもそも「メリット」という言い方があまりいい言い方ではないのかもしれませんが

 

・気軽にコミュニケーションが取れるようになる

・言うことを素直に聞いてくれる

・仕事がスムーズに進む

 

など挙げればキリがないくらいですが、今回僕が一番のメリットだと思っていることは

「1人ではできない仕事ができるようになる」

ということです

 

1人でできることは知れている

 

どれだけ頭がキレていて、仕事ができる人でも、やれる仕事の数というのは限りがあります

 

つまり仕事ができる人というのは

「どれだけ人を使うのがうまいか?」ということなんです

 

「いやいや、待て待て、」と

さっきお前「部下から信頼の厚い人は出世できない」とかドヤってたやないかい!?

と言われそうですが

 

「仕事ができる」と「出世する」とは違う

ということです

 

「出世する」ことだけに絞ってしまえばいろんな手を使って出世することができますよね?

 

上司に取り入れられようとしてひたすら上司の言いなりになったり、上司のゴマを擦ったりすれば「出世」はできます

 

「仕事ができる」というまともな評価を得ようと思うなら、部下からの信頼は必須になるということです

 

遠回りかもしれませんが、その上で評価されて、正当な評価のされ方で「出世」していきましょうよ

 

もう一つメリットを挙げるならば

「多少の無理なら聞いてくれる」というところでしょうか

 

「返報性の法則」が効いているので

つまり「返したくてたまらない状態」なので

 

「○○さん、ちょっと今日残業してくれるかな?今日までにどうしても仕上げたいんだ!ホントにごめん!」

なんてお願いでも

「しょうがないですね…いつもお世話になってるんで!」

みたいな感じでここでGive&Takeが成立するんです

 

信頼される方法

 

信頼方法

じゃあ部下からの信頼って具体的にはどうやって得るのよ?!

って思いますよね

 

結論から言いますとそれは、

「部下の困りごとを聴きまくる」

ということです

 

「あの人に言えば大丈夫」な人になれ

 

どういうことかと言うと

例えば、

 

部下が仕事がやりにくそうにしているなら

一声「なんかやりにくいところがあるの?」

と声をかける。これでいいのです

 

あとは部下が必死で説明してくれます

 

「ここがいつもわかりにくくて失敗してしまいます。でもAさんはそんなことないって言うんで僕が一生懸命覚えればいいだけなんですが…なんとかもっとわかりやすくできないものか考えているんですけど、思い浮かばないんです」

 

という具合です

 

あなたはそれを解決するだけで次からはその人に

声をかけていなくても報告してくれるようになります

 

これが「信頼されている」状態だと僕は思います

 

「信頼されている」から話してくれる

「きっとあの人ならいい提案をしてくれる」と思うから話してくれるんです

 

信頼されている人には自動的に人から情報が集まってくるんです

 

それをひたすら解決していれば部下からの信頼は抜群に上がっていくこと間違いなしなんです

 

ちなみに僕はこれをひたすらやり続けました

 

するともう今は現場にいらっしゃらない派遣で働いていた方に

 

「しゅんまるさんは現場でよく僕たちのことを見てくれていて、異常があったらすぐフォローしてくれていましたが、今の主任はまったく現場を見に来てくれないのに何かあったらすぐ注意されます」

 

と言われました

 

内心めちゃくちゃうれしかったですね

 

その時は

「まぁいろんな人がいるのであまり気にしない方がいいですよ、僕からも言っておきます」

 

とか言って隠してましたけど

 

それくらい

「見て」「声をかけて」「解決する」

というシンプルな方法が大事なんです

 

信頼を得る「本質」的な方法だといえますね 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめ

なぜ信頼は無くなるのか?…「部下に興味がない」から

 

信頼されることのメリット…「1人ではできない仕事ができるようになる」

 

信頼される方法…「部下の困りごとを聴きまくる」、「見て」「声をかけて」「解決する」

 

今回、 部下からの信頼を得るメリットばかりお伝えしましたが

もし信頼がなければ業務に支障が出てきます

 

・部下が言うことを聞いてくれず好き勝手なことをしだす

・顔色ばかりうかがって思考停止状態になり何も積極的にしなくなる

・コミュニケーションが取れず、ムダなことが多くなる

 

などが引き起り、悪循環になってしまいます

 

僕のとなりの部署がそうでした

 

パワハラまがいの主任に振り回されて、ついには部下たちはその主任が何を考えているのかわからなくなって

 

主任があきらかに間違ったことを指示しているにも関わらず、その指示に従ってしまい業績は散々なものになっていました

 

信頼は職場の風土まで変えてしまうものなので今の内に思い当たる節があるのなら

「見る」「声をかける」「解決する」

信頼残高を貯めていきましょう!

 

信頼、コミュニケーションに関する記事はこちら↓

 

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

www.shunmaru12.me

 

それでは、しゅんまるでした

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

-働き方, 働き方-アドバイス

© 2020 びずチャンネル Powered by AFFINGER5