ブログ ブログ-思考

【初心者向け】「ブログを書くということ」~③テーマ選び編~

テーマを選ぶ

こんにちは、しゅんまるです!

 

さて8月連休企画

 

第3弾は「③テーマ選び」です

 

 

 第2弾で「ブログ」の種類~「はてなブログ」の開設まで

を紹介しました

 

 

そこで今回は

「テーマを選び」をどうやるのか?何を発信すればいいのか?

ご紹介したいと思います

 

 

それでは早速いきましょう!

 

③テーマ選び

 

「②ブログをはじめるには」でブログの開設が済んだことでしょう

では次に、「テーマ選び」についてお話ししたいと思います

ブログをはじめようと思っている方ならば、

おおかた発信するテーマは決まっているかもしれません

 

しかし、特に「副業」としてはじめようと思った方にとっては

この「テーマ選び」に苦しむんじゃないかなぁと思います

 

なぜなら、当初は何のことについて発信すればいいのかわからないからです

 

では、何も決まっていない方はどうすればいいのでしょう?

 

発信するということ

主に何かについて発信するということは2点あります

 

・何かについての「体験者」になる

・何かについての「専門家」になる

 

ということです

それぞれ解説してきます

 

何かについての「体験者」になる

発信するテーマ

自分が何も「専門性」のある得意なことがないと思っている

あるいは、

今から何かを「体験していきたい」と思っていることがあるなら

 

それを発信していくということもテーマになります

 

たとえば、

今は何も専門的に語れることはない

 

けど、これを機に「英語学習」をはじめようと思っている、

もしくは、少し前にはじめたなら

 

自ら被験者となり、上達までの道のりを記事にしていく

というような感じですね

 

タイトルは

「今、話題の動画学習したらどうなのか?」

「話題の学習塾に入学してみた!」

 など、体験系の記事にできますね

 

Point

 

自分が被験者になって、体験を発信すること

上達の過程を見せること

 

何かについての「専門家」になる

これはすでに自分の好きなことや、趣味がある場合ですね

少しかじっていた、くらいのことでも読者にとっては

とても専門性のある記事になります

 

いやいや…10年前に少しかじってただけだし…

 

という方でも素晴らしい体験談になります

 

10年前の環境と、今の環境ではだいぶ違っていることもあります

たとえば、

「当時はこんなトレーニング法が流行っていたんだけど知ってる?」

みたいなこととか、

 

「10年ぶりにやってみて、意外とできた!」

みたいな動画のような記事も書けたりしますね

 

Point

 

『専門家』にならなければならないというわけではない

 

自分の才能に気付くこと

 

どうでしょうか?

ここまででもすぐに取り掛かれる方はいらっしゃるんじゃないかと思います

 

でも、やっぱりそんな人ばかりではありませんよね

 

そこで、もう少しだけ選択肢を広げるやり方を紹介したいと思います

 

それは

 

・「才能の掛け合わせ」

・「自分を知る」

 

という2点です

 

「才能の掛け合わせ」

前回の記事でも少し紹介しましたが

 

「才能の掛け合わせ」とは?

 

「100人に1人」の才能を持った人がもう一つ

 

「100人に1人」の才能を掛け合わせると

 

「10000人に1人」の才能になるというもの

 

 

「花屋さんで10年働いている(100人に1人)」×「英語学習をはじめた(100人に1人)」
=「花屋さんで英語が話せる(10000人に1人)」

 

10000人に1人

という掛け合わせで人は「オンリーワンに近づける」ということです

また、前回はこの「才能の掛け合わせ」を

ジャンルごとに掛け合わせることでも発信できるということも解説しました

 

「副業」×「好きなこと」×「自己啓発」

=「自己啓発を好きなこととして、副業にする」

 

という感じです

こんな風に一つ一つは小さいかも知れないけど、

掛け合わせることで希少性を出すやり方です

 

自分を知る

こちらは前者とまた少しテイストが違っていて

悩みを共感するというテーマになります

 

前者は見てもらう人に楽しんでもらう、参考にしてもらう

みたいなテイストなんですが、

 

このやり方は

「過去の自分が悩んでいたことをさらけ出して、共感してもらう」

というつくり方です

 

どういうことか詳しく説明しますね

 

たとえば、

昔「ニキビ」にめちゃくちゃ悩んでいて、

顔中に「ニキビ」ができていて学校でいじめられていた、

という「体験」を持っているとします

 

それを時間が経った今、どうなったか?ということを

「今同じ悩みを持った人に共感してもらう」ために記事を書くということです

 

高校の時は

「もし、このまま跡が残って肌がボコボコになったらどうしよう…」

と思っていたことや

 

「大丈夫!このケアを続けたら、今はこんなにきれいになっています!!」

という風に写真つきで記事を書いてみる

 

といった感じです

 

自分が悩んでいることは、少なからず同じ悩みを持った人が居ます

 

その人に向けて発信するテイストです

 

発信する

 

でも、その体験に気付けない人もいます

 

実は

 

「そんなに貴重な体験していたの?!」

「いやいや…大したことないよ…そんなこと発信してもつまらないし、いいよ…」

 

って人もいます

 

じゃあこの体験をどうやって見つけたらいいのでしょう?

 

「原体験」を見つける

過去の貴重な体験を見つめ直す方法があります

それは「原体験」というものです

 

やり方はこちらの記事で詳しく説明しているので参考にしてほしいのですが、

 

www.shunmaru12.me

 

ようは、

今自分がこんなに

コンプレックスや悩み、短所となる部分

を形成したのはどういった瞬間がきっかけだったのか?

 

ということを思い出す作業です

 

自分と向き合う作業なので、

もし壮絶な体験をされている方なら少し嫌な気持ちになるかもしれません

 

でも、その体験を他の人にしてもらいたくない、成功してほしい!

と思っているならそれは大事なコンテンツになります

 

あなただけの「原体験」を駆使して記事を書いてみましょう

 

あなたの体験を鮮明に記事に移せば、とんでもない共感を生むでしょう

 

原体験事例

 

ここで少し僕を例にして説明したいと思います

僕は昔「いじめられていた」過去があります

 

ゆえに、

人の観察すること、人の行動心理みたいなこと

に興味を持ったことがきっかけで

今でも「心理学」や「哲学」が好きなので本を読んだことを発信しています

 

あとは「お金」に対する体験もそうです

 

労働で得られる対価とはこんなに少ないのか…

と絶望したことをきっかけにこのブログをはじめたので、

「お金」に関する本を読んで発信しています

 

すべては体験から来ています

 

「お金」「いじめ」「悩み」「コンプレックス」

 

ジャンルは同じように見えても、その人が受けた感想や環境は違っているはずなのでその主観的な感想も共感を呼ぶ材料になるはずでしょう…

 

いかがでしたでしょうか?

 

発信することは基本的に体験をもとに

読者の悩みを解消できるような記事がベストです

 

別に日記のような私用でアウトプットだけに使うならテーマは

なんでもいいと思います

 

しかし、読者に読んでもらいたいとかフィードバックがほしいと思う

なら当然読んでもらわないとダメなので

 

頭を悩ませるかもしれませんが、少し考えてみましょう

 

では次回は「④書き方」についてです

 

また次回お会いしましょう!

しゅんまるでした!

 

 

ここまで読んでくれたあなたならクリックしてくれるハズ…w

⇩クリック

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

-ブログ, ブログ-思考

© 2020 びずチャンネル Powered by AFFINGER5